2017年11月12日日曜日

皮膚 JEAN-LUC NANCY

Der Körper, die Haut: Der Rest ist anatomische, physiologische und medizinische Literatur. Muskeln, Sehnen, Nerven und Knochen, Säfte, Drüsen und Organe sind
kognitive Fiktionen. Es sind funktionalistische Formalismen. Aber die Wahrheit ist die Haut.

体, 皮膚: "余り"は解剖学的、生理学的、医学的な文学である。筋肉、腱、神経、骨、ジュース、腺、臓器は、知覚に関してフィクションである。それは、機能的な形式主義である。だが、真理は皮膚である。???

「AUSDEHNUNG DER SEELE」という本を読んでいます。
課題です〜。
難しいですね〜、でも面白い。

今回のゼメスターの主題として、これをやらないと、このゼメスター乗り切れないそうです〜〜、

ナンシーが、心臓手術をしてその際に書かれたものらしいです。それを読んだ、映画監督Claire Denisが、「Der Feind in meinem Herzen」という映画を作った。

この映画のテーマとなっているのが、外部(よそ者)をどうやって受け入れるか、ということ。新しい心臓を受け入れるナンシーは、自分の文章の中で、それが、女性の心臓でないことを祈っている。それは、面白いですよね、自分が男で、心臓は女性の心臓。実際どうかわからないんだけど。

この映画は、詩的で何がどうなっているのか、はっきりとはすべてにおいて描かれていかないことが、すごい魅了なのだ。







1 件のコメント:

  1. ナンシーの文章、僕はこう訳すかな:「身体、それは皮膚。残りは、解剖学、生理学、医学の産んだ文学である。筋肉、筋、神経、骨、体液、腺、臓器 ― それは、認知に関する作り話で、機能主義のフォルマリズム。しかし、皮膚は真実なのだ。」

    川上未映子の「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を思い出した。

    返信削除