2024年5月8日水曜日

 


気狂いピエロ と 現代美術 の出会い

交差点


2024年5月1日水曜日

博士の研究が、新しい仕事で自転車操業が続いていて、進んでいないが、今日は今年のスケジュールを立てようと、落ち着いてどうしようか、と練り始めた。

ベルリン芸術大学の時の同級生だったアーティストのMoritzのサイトを見てみた。

https://www.moritzhossli.com/


あの時のことや、アートやアーティストが、自由にものを作ることの良さや、ある種の戦いが見えて久しぶりにアート感を思い出した。

日本に戻ってきてもそうだけど、そういえば、ドキュメンタリー映画でさえ、ある程度のマーケットが確立されていて、若干アートと似ているところがあるような気が最近しているが、

やっぱり、とにかく自由に作ってみる、

というのに立ち戻るわけなんです

さてさて、今年の計画は・・・





2024年4月30日火曜日

津田道子さん・サエボーグの作品

実は転職しまして、かなりバタバタしていましたが、本当に少しですが落ち着いてきました。

で、津田道子さん・サエボーグの作品を現代美術館で見てきました。

サエボーグは、子供とよく行っているアトラクションに似ていたけれど、演出が全く逆のおどろおどろしい雰囲気がたまらない感じで、子供と行ったのですが、子供も不思議な雰囲気でパフォーマーの犬に何度も触れたり、結構長い時間堪能した感じがありました。

津田さんの作品は、シンプルで、空間におけるスクリーンの配置とフレームの構造とを意識させる枠が、響き合って、そのメディア装置としての骨格を意識させるそのまさに空間構成が、

小津安二郎とメディア
近代日本の女性文化とメディア

などかなり深く、

拡張映画やインスタレーション・彫刻や、日本のメディア文化の歴史まで考えさせる深いものだったと思いました
子供がきてしまったのでここまで・・・

2024年2月27日火曜日

 サーベイ論文発表終わりました!!!


今年もまた頑張っていきます!!!

2024年2月13日火曜日

崟利子さんの新作ドキュメンタリー映画、めっちゃ見たいのですが、

またもや現在育児中で行けそうもありません・・・・、本当に申し訳ありません

https://www.yebizo.com/jp/program/1463?fbclid=IwAR1UhmIPckKT7loG0A4_8dlYm0TF7NcW7odagXfD9Kn5qrtRapRJYnoFUqY



2024年2月6日火曜日

久しぶりに映画見ている!

久しぶりに映画見ている!

「水俣 患者さんとその世界」(1971年 ‧ ドキュメンタリー ‧ 2時間 47分)

監督: 土本 典昭


この映画、見る必要があった

2024年1月26日金曜日

 こんなにこもって本を読み続けることって、

大学2年生の時に、1日に本二冊読むと決めて、

後期の授業を全部さぼって、行かなかった時のようだ。

あの後、

中野正貴さんの撮影のアシスタンとして、大竹伸朗のところに、

行って、ぶり返し、学校に行くことを復活、

そして、映像を作り始めたのだった